床の間って何のためにある?役割と使い方を解説

床の間って何のためにある?役割と使い方を解説

床の間って何のためにある?役割と使い方を解説

床の間とは?

床の間は日本の住宅の主に客間(格式の高い)の一角に設けられる空間で、床柱、床框(とこがまち)などで構成されています、掛け軸や、生けた花、花瓶などが飾られるスペースです。床の間は和室内の一番高い位置に設えられ、日本建築における座敷飾りとしても重要なものとして考えられています。

床の間の起源

床の間の起源は諸説ありますが、室町時代に僧侶が壁の前に三具足と呼ばれる花瓶、香炉、燭台を飾った台を「床」と呼んだことが起源といわれています。その後それを模した貴族や高級武士が歌会や茶会を催す際に掛け軸や花器を飾るためのスペースとして使うことで「床の間」が広まります。さらにその後庄屋などの比較的裕福な庶民の間にも広がり始め、近代では旅館や一般家屋の和室にも設えられるようになりました。

床の間の役割

一般的に掛け軸や花器を飾るスペースとして使用される床の間ですが、もともとどのような役割を持って使われていたのか、また現代ではどのように使われているのかを見ていきます。

元来、身分を分けるための部屋の造りだった

もともとの床の間は客人をもてなす最上の部屋にあり、床の間を背にすることでその人が最も権威を有していることを示す意味合いがありました。また江戸時代には領主などの自分よりも身分の高い客人をもてなすために、床の間をはじめとした座敷飾りが作られるようになり、それは庶民の間でも一般化していきました。今でも宴会の席などで話題になる「上座」「下座」という伝統的な考え方。基本的には入り口に最も近いところが下座で、反対に最も遠いところが上座になります。しかし床の間のある部屋においては、床の間の前が上座とされます。これはもともと床の間の前に茶人や歌人のお師匠さんが座っていたから、あるいはもともと神仏とつながりのある場所の近くに貴い人が座ったためとも言われています。

近代では客人をもてなすための空間に

その後近代になるにつれて元来の身分をはっきりと顕示するためという意味合いは薄れ、単純に客人をもてなすための空間として使われるようになっていきました。日本様式の旅館や和式のあるお家で床の間を見かけることもありますが、これは床の間がある部屋=おもてなしの部屋ということです。

避けるべき床の間の使い方

まず大前提として、床の間は西向きには設えません。これは夕方に射し込む西日による床の間に飾る装飾品の劣化を防ぐためです。また床の間には禁忌とされている決まりや作法もあります。故意に行った行為でなくとも場合によっては、床の間を大切に扱わない=家主に対して無礼な行いとも取られ兼ねませんので注意が必要です。では一般的なものから順番にご紹介いたします。

床の間に腰掛ける

床の間は前述の通りもともと神事に使われた歴史があるため、ある種の神聖な空間という位置づけが一般的です、そのため、不用意に床の間に上がったり、そこに腰かけるのはマナー違反となります。特に小さなお子さんがいる家庭やペットのいる方は注意が必要です。

物置にする・汚れたものを置く

床の間は一段高くなっており、一見すると空きスペースのようにも見えるため手荷物などを置いてしまいたくなりますが、これは無作法になります。また、放し飼いのペットがいる場合もペットが乗らないようにするかそもそも床の間にはつれていかないようにしましょう。和室に招かれた時は当然、旅行の際の宿泊先でも空いているからといって荷物を置くことのないようにできるといいですね。

現在の床の間の使い方

格式や作法と馴染みのない方には耳うるさいことを書いてきましたが、現在の床の間の使い方はさらに変わってきています。

絵画や季節の花、節句飾りを飾る

客人のためだけでなく、日常的なギャラリースペースとして、絵画や季節の花を、ひな人形や五月人形などの節句飾りを飾るスペースとして使っても良いでしょう。殺風景な和室を華やかにしてくれるそんな趣のある空間利用ができるといいですね。

仏壇を置く

かつては床の間の横に仏壇を置くのが一般的でしたが、近年ではかつてのように大きな仏壇だけではなく、比較的小さな床の間におけるようなタイプのものが販売されるようになりました。仏壇のデザインも伝統的なものから、洋式を取り入れた和モダンタイプのものまであり、仏壇は欲しいけれど・・・と悩まれている方は床の間に置くインテリアの延長線として一度検討されて見てもいいかもしれませんね。

床の間をインテリアの一つとして活用してみては?

床の間=ギャラリーと書きましたが、飾る掛け軸も特別な花器もないという方もいらっしゃると思います。そういった場合は思い切って、床の間を自室ないし居住空間としてアレンジして使っても良いと思います。 例えばリフォームをする際、せっかくある床の間を壊して作り変えてしまうのではなく、DIYや床の間を再利用することも十分現実的な選択肢です。 今となっては、客人をもてなす際も床の間だとかえって仰々しく感じられることもありますので、いっそのこと客人をもてなす際は洋式にリビングで。床の間は自分好みにアレンジして、ちょっと昭和風の書斎なんて設えになんていう選択肢もアリなのではないでしょうか。

まとめ

以上が床の間についてのご紹介になります。時代が変わり生活スタイルが変わることで、古くから親しみのあったものも様々に変わっていっていきますね。古き良き日本文化を大切にしつつ、現代の私たちにも合う床の間の活用方法で和室のある暮らしを楽しみましょう。
タタミズキ

『畳・襖・障子の専門店タタミズキ』はこちら

  • 網戸
  • 暮らし
  • 障子
  • 全国の畳店