意外と役立つ!DIYでも作れる縁側のある家

意外と役立つ!DIYでも作れる縁側のある家

意外と役立つ!DIYでも作れる縁側のある家

縁側とは?

縁側は和室と屋外との間にあった板張りの通路のことです。昔ながらの日本家屋には決まって設けられました。しかし洋式建築が一般的になった現在の建物ではなかなか見る機会も少なくなっています。縁側でご近所さんとお茶と茶菓子をつまみに駄話なんて光景も今となっては懐古的なシーンにすら思えますが、近年再び縁側の魅力を見直す動きもあります。今回はそんな縁側について縁側とはそもそもどう言ったもの?という基本から最新状況までを見ていきたいと思います。

縁側の種類

一言に縁側と言っても実はいくつか種類があります。全てはご紹介しきれないので今回は縁側の代表的なものについてご紹介します。

濡れ緑

側柱と呼ばれる建物を支える柱の外まである縁側のことです。濡れと言われるのは雨戸の外にある部分が雨に濡れるためです。

くれ緑

濡れ緑に対して逆に雨戸や側柱の内側に設えた縁側のことを言います。雨天の時でも縁側から庭の景色を楽しめ、全開にすれば濡れ緑のようにも使える万能型です。

落ち緑

室内の床よりも低い位置に作られた縁側です。濡れ緑と同じく外側にありますが、床よりも低い位置にあるので落ち縁に溜まった雨や落ち葉、砂埃などが室内に侵入しにくい構造になっています。

縁側があるメリット

では次に縁側には一体どんなメリットがあるのかを具体的に見ていきます。近所のおばさんが室内でなく縁側で駄話をしていた、おばあちゃんと猫が縁側で編み物をしていた、その理由を解説します。

庭との行き来がしやすくなる

屋内−縁側−屋外(お庭)と縁側は内と外をつなげる役割があります。そして縁側とセットになるのはお庭です。例えば縁側があるだけでお庭の手入れの際もワンクッション置くことなくダイレクトに行き来できます。またちょっと疲れた時の腰掛けとして、そこで休憩しつつお庭や外の景色を眺める場所としても最適です。趣味で庭いじりやガーデニングを楽しまれる方には特にオススメしたいですね。

室内の温度調整がしやすい

縁側には外部の温度変化など室内への直接的な影響を和らげる天然の温度調節機能もあります。例えば夏のうだるような直射日光も縁側があることで、直接室内に入り込むことなく温度を上昇させにくくなる働きがあります。 一方寒さの厳しくなる冬場でも、低くなる太陽の日差しを効率よく取り入れることができ、縁側があることで外気が入りにくく、室内が冷えすぎないようにする働きがあります。

縁側があるデメリット

次に縁側のデメリットについても見ていきます。

防犯面に注意

出入りしやすい性質を持つがためにプライバシーや防犯面には注意が必要です。路地に近い場合は室内の目隠しを工夫し、窓やドアは防犯対策することをオススメします。

手入れが必要

縁側をきれいに使うためにはもちろんお手入れが必要です。くれ縁であればお部屋と同様にお掃除すれば良いですが、屋外になる濡れ縁、落ち縁は少し手間がかかると感じてしまうかもしれません。定期的に落ち葉やホコリを掃いてゴミが溜まらないようにしたり、素材によっては雨ざらしで傷んでくることもありますのでメンテナンスが必要になったりします。

縁側のおすすめの活用方法

縁側のメリット、デメリットを見てきた上で、どうしたら縁側を有効活用できるのか、具体的な例をあげながら見ていきたいと思います。

家事スペースとして

縁側は広々としたスペースが確保できるため、様々な家事を行う場所として最適です。洗濯物を室内干しする場所だけでなく、洗濯物を畳んだりアイロンがけしたり場所としても良いでしょう。たまに作業をするのにちょっと空いたスペースが必要なときに縁側があると役立ちます。

ゆっくりくつろぐスペースとして

縁側をくつろぎのスペースとして使うこともオススメできます。屋外の庭だけなく、室内の観葉植物を育てる温室のような使い方もでき、植物に囲まれてティーテーブルなどをおいて、ほっと一息入れたいとき用に使うのも良さそうですね。またマッサージチェアやヨガマットなどストレッチ系のグッズを置いてフィジカル面のコンディションを整えるためのスペースとして使うのも良いかもしれません。居心地が良すぎてそのままうたた寝しても良いようにブランケットなどがあれば最高ではないでしょうか。

書斎・ワークスペースとして

最後にオススメしたいのが、創作やクリエイティブな場所としての活用法です。リラックスした空間で心を空っぽにして、創作活動に明け暮れるのもよし、外気を取り入れた換気を利用するなどして、自然の流れを感じながらであれば仕事もはかどることでしょう。

縁側を新たに作る方法は?

縁側の魅力を見てきましたが、そうは言っても縁側がないという方、諦めることはありません。近年では道具も気軽に手に入れることができるようになり、作り方なども公開されています。魅力的な縁側の作り方についても見ていきましょう。

DIYでイチから作る

まず最もお手軽なのがウッドデッキタイプの縁側です。必要になる資材はホームセンターなどでも手に入れることができ、素人でも手順を見ながら簡単に作ることが可能です。この方法の最もオススメなポイントは低予算で縁側は実現すること。特別こだわりがなければインパクトドライバー一本でも組み上げられることができ不必要になった時も簡単に解体できるのが魅力です

既製品を設置する

次にオススメするのが既製のウッドデッキや縁台を設置する方法。手間も時間もかけたくない方にはこちらがオススメです。選ばれるポイントとしては風雨に晒されても腐敗しにくい木材や加工が施されているものをオススメします。

縁側をリフォームしてより使いやすくする

現在おうちのリフォームを検討中の方は、思い切って縁側を設えてみてはいかがでしょうか。また縁側を放置ぎみの方も有効に活用してみてください。縁側を設けることで生活にゆとりが生まれ、より過ごしやすい住まいになるのではないでしょうか。

まとめ

新築住宅で備え付けの縁側を見る機会はめっきり少なくなり、必要性を感じない方も増えているかもしれません。しかし本当に縁側は不必要なものなのでしょうか。ふっとただ何気ない日常を感じられる瞬間。そんなゆとりを持てることこそが、意外にもより一層充実した暮らしにつながるヒントになるのではないでしょうか。そこまで・・・と思われた方も、この記事をきっかけにまずは手始めにDIYなどで縁側の魅力に触れてみても案外面白いかもしれませんね。
タタミズキ

『畳・襖・障子の専門店タタミズキ』はこちら

  • 網戸
  • 暮らし
  • 障子
  • 全国の畳店