ふすまのDIYアイデア!地味な和室をおしゃれにリメイク!

ふすまをリメイクして和室をおしゃれに

ふすまのDIYアイデア!地味な和室をおしゃれにリメイク!
和室は地味。そんな先入観はありませんか?ですが、そんな和室でも意外と簡単におしゃれに変身させることができます。今回は自分でもチャレンジしやすい和室のふすま、障子のリメイクアイデアをご紹介します。

和室をおしゃれにするカギは「ふすま」と「障子」

和室というと畳に注目しがちですが、和室を区切っているふすまや障子も大きな面積を占めています。よってデザインや色合いを変えるだけでも和室の雰囲気がガラッと変わります。また畳や壁紙に比べて自分で張り替えやリメイクに挑戦しやすいです。

「ふすま」の特徴

ふすまは障子のような木の骨組みに紙を重ねて貼って作られています。ふすま紙はもちろん、引手や縁などの材料の色やデザインで、伝統的な和室にもモダンな和室にも合わせることができます。現代では和室の隣がすぐ洋室でふすまで仕切られているということが多くあります。和室の雰囲気を崩さず、洋室の邪魔にもならないように表と裏でふすま紙のデザインを変えることができます。ふすま紙はすぐに破れたり汚れたりしてしまうというマイナスイメージを持っている方もいるかもしれませんが、一方では簡単に張り替えることはメリットとも言えます。普通のドアや壁紙はデザインを変えたいと思ってもそう簡単に付け替えたり張り替えたりすることはできませんよね。ふすまは取り外すのに工具は必要ありませんし、比較的軽いので女性でも扱いやすいです。またふすま紙は張り替えても中の骨組みは繰り返し使いますので、処分するものも少なく環境に配慮することができます。

ふすまのリメイクは質感を変えて部屋と一体感を

ふすまのリメイクで失敗しないコツは、部屋の雰囲気を損なわないデザインにすることです。基本的に失敗するときは「この部屋に合っていない」ふすまになるときです。洋室と接しているふすまはモダン調にしたり、本格的な和室には伝統的なデザインのものが無難です。これらはどちらも部屋と一体感を出してくれます。

ふすまのリメイクを始める前に

おうちでも簡単にできるふすまのリメイクですが注意点もありますので、予め確認しておきましょう。

賃貸なら、現状復帰する方法で

賃貸の物件の場合、家を借りている状態なので引っ越しで出ていく際には元の通り戻す必要があります。出ていく際に現状復帰できない部屋の状態では、敷金などのお金が修理に充てられます。自分の手元に返ってくるお金も減ってしまいますし、修理費が高くつけばプラスαで払わなければなりません。お金を節約するためにも元通りに戻せる方法でリメイクを行いましょう。

「貼って剥がせる」アイテムを活用しよう

では、どのようなアイテムを使えばふすまを改造できるのでしょうか?それは「貼って剥がせる」アイテムを使うことです。例えば、ふすま縁。ここにはマスキングテープなど、剥がすときに元の生地がくっつかないものを使用しましょう。そうすることで家にダメージも入りませんし、新しいデザインに変えるのも簡単です。

子供やペットがいるおうちでは、丈夫な素材を選ぼう

そして、小さい子供やペットがいるお家にはさらなる注意が必要です。それは丈夫な素材のものを使うということ。小さい子供やペットはよく動き回るため、ふすまを破いてしまうということも考えられます。

ふすまのリメイク法&実例

続いてふすまのリメイク法を実例とともに紹介していきます。

ふすまリメイクのやり方

まず、ふすまを取り外します。取外すときはふすまを中央にもってきて、両サイドをつかんで上に一度押し上げます。そうすると、下が外れます。続いて上も取り外していきましょう。ただし、家がきしんでいたりしてふすまを取外しづらいこともあります。その場合は、当て木をして金づちで上の部分をたたいて取り出せるようにしましょう。それでも取り外せない場合は、無理をすると危険なのでお近くの業者さんに頼むことをおすすめします。

では、ここからリメイクについて詳しくお話していきます。リメイクできる箇所は主に2つ。ふすま紙とふすま縁です。まずふすま紙について解説していきます。ふすま紙は糊を使って貼るものとアイロンで貼れるもの、この2種類があります。まず、糊を使用するふすま紙の貼り方について解説します。糊を使うと言ってもふすま紙にすでに糊がついているものと別途で糊を用意する必要があるものがあります。まずは、手順が多くて大変な糊とふすま紙が別になっているパターンについて紹介します。
  1. ふすま紙を逆方向に巻き、巻きぐせをとります。
  2. ふすま紙をふすまの上に置き、貼り付け位置を決めて、ふすま本体の角で折り目をつけます。
  3. つけた折り目から2cm余裕を持たせて、外側をカットします。
続いて、貼り付け作業に移ります。
  1. ふすま紙の裏側全体に別に用意した糊をつけます。
  2. 紙が伸びるまで5分程度待ちます。
  3. 表面全体がぬるぬるになったことを確認し、ふすま紙の上に襖本体を載せます。
  4. ふすまを裏返し、ふすま紙が上に来るようにして、ふすま紙とふすま本体の間に入っている空気をハケで抜きましょう。
  5. しわになっている箇所は、一度ふすま紙を剥がし、中心から外側に押さえながらハケを使い貼り付けます。
  6. 余分な部分はカッターやハサミで切り落とし、半日~1日程度乾燥させます。
ふすま紙に最初から糊がついている場合は、上記の④の段階で糊の代わりに水を付けましょう。それ以外の手順は同じです。 続いて、アイロンで貼れるふすま紙についてです。こちらは糊がついてないものよりも簡単に貼ることができます。手順は以下の通りです。
  1. まず新しいふすま紙をふすまにあて、貼り付ける位置を決めます。
  2. アイロンを高温スチームに設定し、ずれないように注意しながらふすまの中心部分を縦方向にアイロンで押さえ密着させます。(端の方からアイロンをかけてしまうと中で空気がたまり歪んでしまうことがあります。)
  3. 左右方向にアイロンを動かし全面に密着させます。
  4. ふすま紙の四隅に切り込みを入れます。
  5. ふすま枠に沿ってアイロンで押さえます。
  6. 最後にふすまの周囲に均一にアイロンがけをして作業終了です。
ふすま縁はマスキングテープなどを貼ることによって簡単にリメイクできます。

ふすまリメイクに便利なアイテム

ふすまリメイクに便利なアイテムを3つに分けて紹介します。
ふすま紙
和風なもの、洋風なもの様々なデザインがあります。表と裏でデザインを変えることができるため部屋の中に色々な風景を作りだすことができます。
引き手
DIYで簡単に引き手も交換することができます。デザインも様々あるので気に入るものを探してみるのもよいでしょう。
養生テープ、マスキングテープ
これらは、縁の印象を変えるときに使います。貼るだけで簡単に雰囲気を変えることができ、種類も豊富にあるため活用することをおすすめします。

障子リメイクのやり方

障子も和室の印象を変える重要なアイテムの一つです。ふすまと同じようなやり方でリメイクすることができます。具体的には、障子紙を水で濡らしてゆっくり剥がし取り、残っている紙やくずをきれいにして乾かしてから、のりを使って新しい障子紙を張っていくというものです。色付きの障子紙を使うことにより部屋に与える印象を一新することができます。ぜひ試してみてください。

詳しい障子の張り替え方はこちら

まとめ

ふすまや障子を貼り替えるだけでも和室の雰囲気を一新し、色んなインテリアに合わせた空間を作ることができます。DIYブームもありリメイクシートなど使えるアイテムも増えていますので、みなさんもぜひチャレンジしてみてください。
タタミズキ

『畳・襖・障子の専門店タタミズキ』はこちら

  • 網戸
  • 暮らし
  • 障子
  • 全国の畳店