襖ってどんなもの?襖の役割と種類を簡単に解説。

襖紙の種類と特徴

襖紙の種類と特徴
今回は、襖紙の種類と特徴について解説していきます。襖紙はお部屋全体のデザインに与える影響も非常に大きいです。また襖紙の種類は襖の張り替えの金額にも関わってきますので、張り替えを検討されている方は予備知識としてぜひ参考にされてください。

襖とは

襖は、木などでできた骨組みの両面に紙や布を張った建具です。別名、「襖障子」、「唐紙障子」と呼ばれています。襖は昔から使われている建具の一つで、日本現存最古の建築物である法隆寺にも使われています。とても歴史のある道具なのです。なお、構造は今使われているものと大きな差はありません。主に和室を仕切るときに使われており、それ以外にも押し入れや天袋、地袋にもよく見られます。

襖の役割

続いて、襖の果たしている役割について紹介していきます。

部屋と部屋を仕切る

襖には、部屋と部屋を仕切る役割があります。これにより、状況に応じて柔軟に部屋をカスタムできるのです。例えば、大人数で行う宴会などでは、襖を開けたり、外したりすることで、広い空間を作り出すことができます。逆にそれ以外の場合にも仕切りがあることで、大広間を複数の部屋に分けることも可能です。そしてそれらの部屋を寝室、客間など用途によって使い分けることができます。時と場合に応じて、部屋を効果的に使うのに襖は一役買っているのです。

空気を通す

襖の通気性の良さにはその構造が大きく関わっています。伝統的なもので木枠がある部分以外は「外気→襖紙→襖内部の空気→襖紙→部屋の中」となっています。つまり、隔てているのは紙しかありません。そのため、通気性が良いです。さらに襖は開き戸と違い、開ける幅を調節することができます。これにより、開ける・閉める、の2パターンだけでなく、窓のように少しだけ開けることも可能です。全開はしたくないけど、風通しよくしたいときに便利です。また襖は、木の骨組みの上に下地、下張り、上張りと呼ばれる紙を貼って作られています。そのため、下地と下張りの間に空気の層ができます。この空気の層があることにより、保湿性や調湿性が高くなります。この機能は四季の移り変わりのある日本の気候に最適です。

襖の材料

襖を作る素材はいくつかあります。しかし、基本的な構造は至ってシンプルで、我々が目にする部分で言えば、襖紙、引手、縁のみです。内部の構造はものによって少し違いがあります。例えば、伝統的なものは、障子に使われるような木枠の骨組みの両面に何枚も紙を重ねて作り上げています。一方、ダンボールやプラスチックなどでできた襖には、中に骨組みがありません。何層にもダンボールやプラスチックを重ねたような構造で厚みや強度をもたらしています。

襖紙とは

襖の一番表面に張る紙のことです。つまり日ごろ、私たちが襖を見るときに目にしているものになります。お部屋の印象を決める重要な要素になりますので、襖紙の色柄は気に入ったものを選びたいですよね。

襖紙の種類

襖紙の種類は大きく和紙と織物、ビニールに分類されます。それぞれについて紹介していきます。
和紙襖紙(手漉き)
本鳥の子と呼ばれます。和紙と言えばコレというような昔ながらのものです。楮、三椏、雁皮といった日本古来よりの原料を使用しています。手漉き和紙は、経年変化により多少色合いは変化して、味のある良い色になります。自由気ままに模様を入れることは難しいですが、和紙の良さが十分に出る襖紙です。
和紙襖紙(機械漉き)
手漉きではないため、どれも比較的安価にお求めすることができます。また、機械漉きは質の差が少ないのもメリットです。
織物襖紙
和紙の表面に縦横細かく糸を貼り合わせた襖紙です。和紙が糸で補強されているので破れにくく、名前の通り織物のような質感が高級感を感じさせます。
ビニール襖紙
和紙の表面に加工を施したビニール襖紙の魅力は、水や汚れに強いところです。台所の近くなど水回りにおすすめです。模様はあまり入っていないものが多く、機能性を重視しています。

おしゃれな襖紙でお部屋の雰囲気を一新

和室は全体としてシンプルな印象があります。その中で、襖紙が部屋に与える印象は大きいです。襖紙が部屋のデザインに与える影響を解説します。

今どきのモダンな襖紙

時代劇で見るような「The・襖」というようなものでなく、近年は襖のデザインにも多様性があります。傾向としては、カジュアルな和室に合うデザインが多いです。モダンまたは、和モダンをキーワードに検索するとよいでしょう。

クロスや壁紙で洋風に

また、和室をより洋風に仕上げることもできます。そこで役に立つのがクロスや壁紙です。襖紙の上にクロスや壁紙を貼ることができます。そうすることで、襖紙をわざわざ張り替えなくても簡単にお部屋のデザインを変更することが可能です。

襖はどうやって張り替えるの?

襖の材質の特性上、長年使っているとどうしても劣化してしまします。破れや汚れが目立ってきたら張り替えを検討しましょう。そのような症状がみられなくても、白っぽい襖は黄ばんでしまうことがあります。そのため、10年前後で変えるケースが多いです。ここからは、襖を張り替えようと思ったときどうすればいいか解説します。

業者に依頼する

業者に依頼することで簡単に張り替えることができます。襖の張り替え業者は、電話だけでなくWEB上でお問い合わせできるところも増えています。不安な方は、一度、無料見積や無料相談のサービスを行っている業者に連絡を取ることをおすすめします。

自分で張り替える

襖は自分で張り替えることも可能です。その場合、費用も抑えられ自分好みの襖を作れることが多いです。DIYが好きな方や自分で張り替える余裕があれば、ぜひチャレンジしてください。ただ、このとき注意点があります。襖には張り替え可能なものと重ね張りしかできないものがあることです。それを確認してから適切な手順で張り替えるようにしましょう。

費用は?

業者に頼む場合、襖の張り替えには、片面で3,000~5,000円前後、両面で5,000~10,000円前後かかります。襖のサイズや、使用する襖紙のグレードによっても費用は変動します。また、DIYする場合は、両面張り替えると1000円程度はかかります。張り替える紙が2枚で800円前後、襖用の糊が200円前後です。できるだけ安く張り替えたい方にはおすすめです。

まとめ

現在、襖のデザインは時代劇で見るようなワンパターンではなく、「モダン」など洋室にも馴染むものがたくさんあります。自分の部屋に合うデザインを選びましょう。また、襖を張り替えるには、業者に頼むほかにDIYすることもできます。安く済ませたい方にはおすすめです。業者に頼むと費用はかかりますが、失敗する心配はなく安心です。ご自身の希望や費用に合わせた方法で、襖をリフレッシュしてくださいね。
タタミズキ

『畳・襖・障子の専門店タタミズキ』はこちら

  • 網戸
  • 暮らし
  • 障子
  • 全国の畳店