DIY失敗する前に確認!襖の張り替え方

襖の張り替え方

襖の張り替え方
和室で畳と一緒に昔から使われている襖。よく見てみると汚れたり破れたりしてしまっていて気になったことがある方もいるのではないでしょうか?今回はそんな襖の張り替えについて詳しく見ていきます。

襖紙の張り替えの目安

襖紙は長年使い続けていると破れたり汚れなどが目立ってきたりしてしまいます。そんな時には襖紙を張り替えることできれいな襖にリフレッシュすることができます。

目安は10年前後

襖紙は10年前後に交換することが多いです。襖は調湿性や通気性に優れており、日本の気候に合ったとても優れた建具ですが、扉に比べて経年劣化が目立ちやすくもあります。

破れ、色あせが気になるなら張り替えを

もちろん10年経過する前に色あせや破れが気になったら張り替えをおすすめします。はじめは少しの破れでも、襖を使って動かしていくうちに大きな穴になってしまったり、建付けが悪くなり襖紙の張り替えだけではなく骨組みを補修したりする必要が出てくる場合があります。襖がスムーズに動かないとストレスに感じてしまうこともあるのではないでしょうか。そうなる前にできるだけ早く張り替えや補修をおすすめします。

襖を張り替えてみよう

実際にここからは襖を自分で張り替える方法を紹介します。初心者でもできる簡単なDIYなので、ぜひ張り替えに挑戦してみてください。

襖の取り外し

襖を張り替えるにはまず、襖を取り外す必要があります。襖の左右を両手で持ち、まっすぐ上に持ち上げます。次に、持ち上げると襖と敷居に少し隙間ができるので、襖の下部から斜めに傾けることで敷居から外すことができます。しかし、建物にゆがみが生じている場合は、取り出しづらい場合があります。その時はジャッキなどで鴨居を上げましょう。それでもなかなか鴨居が上がらない場合、襖を取り出せない場合は業者に相談してください。

襖紙の貼り方

ここからは実際に襖紙を貼る方法を解説します。
糊なしの襖紙
糊なし襖紙の貼り方を解説します。
まず、貼り付け前の事前準備が必要です。
  1. 襖紙を逆方向に巻き、巻きぐせをとります。
  2. 襖紙をふすまの上に置き、貼り付け位置を決めて、ふすま本体の角で折り目をつけます。
  3. つけた折り目から2cm余裕を持たせて、外側をカットします。
続いて、貼り付け作業に移ります。
  1. 襖紙の裏側全体に別に用意した糊をつけます。
  2. 糊がなじんで紙が伸びるまで5分程度待ちます。
  3. 表面全体がぬるぬるになったことを確認し、襖紙の上に襖本体を載せます。
  4. 襖を裏返し、襖紙が上に来るようにして、襖紙と襖本体の間に入っている空気をハケで抜きましょう。
  5. しわになった箇所は、一度ふすま紙を剥がし、中心から外側に押さえながらハケを使い貼り付けます。
  6. 余分な部分はカッターやハサミで切り落とし、半日~1日程度乾燥させます。
以上の工程です。この糊なしの襖紙を貼るのは、アイロンや糊付きの襖紙を貼るのに比べて作業量が多く大変です。楽して貼り付けたい方は糊付きやアイロンで貼れる襖紙をおすすめします。
糊付き・アイロンで貼れる襖紙
糊付きなものやアイロンで貼れる襖紙というのも存在します。糊付きの襖紙は、切手のように水をつけることで粘着力を持つものが多いです。糊付き襖紙は、糊なし襖紙での作業で糊をつける段階で代わりに水をつけましょう。そうすると上手に作業できます。アイロンで貼り付けるときは、ずれないように注意しましょう。そのために、アイロンは中心から外側に向かってかけていきます。詳しい手順を解説します。
  1. まず襖紙を襖にあて、貼り付ける位置を決めます。
  2. アイロンを高温スチームに設定し、ずれないように注意しながらふすまの中心部分を縦方向にアイロンで押さえ密着させます。
  3. 左右方向にアイロンを動かし全面に密着させます。
  4. 襖紙の四隅に切り込みを入れます。
  5. 襖枠に沿ってアイロンで押さえます。
  6. 最後に襖の周囲に均一にアイロンがけをして作業終了です。
こうすることで、きれいにずれなく貼ることができます。

縁や引手を外すときはペンチや金づちを使って

縁や引手を外すときにはペンチや金づちが必要です。
縁(ふち)
まず左右の縁を外していきます。底の方から金づちでたたくと、縁がずれて簡単に取り外すことができます。この時、直接襖をたたいてしまうと変形の原因になってしまうので、当て木をしましょう。力がいる作業ですので注意して行ってください。
引手
引手を固定している釘をペンチで抜きます。引手の内側に釘の頭が見えると思います。釘の頭がなければ、釘を使わず引手がはめ込まれているダンボール襖である可能性が高いです。
襖の材質によっては、縁や引手は付け外しできない
しかし、ここで注意が必要です。襖の材質によっては縁や引手は取り外しできないものがあります。ダンボール襖やプラスチック襖は縁だけを交換することが難しく、劣化がひどいのであれば襖を丸ごと新調することになります。またダンボール襖の場合、引手の交換も難しいです。ちなみに引手は、釘が刺さっているかどうかが交換できるかどうかの基準となります。釘が刺さっている場合、交換できることが多いです。

しっかり乾かしてシワ・はがれを予防

糊付けした後はしっかりと乾かしましょう。十分に乾燥できていないと、しわができたり、すぐにはがれたりしてしまいます。

小さな穴や破れには補修シールを貼る

また、小さな穴や破れには補修シールで対応することができます。張り替えのような作業が必要なく、少しの傷なら簡単に隠すことができるため、おすすめです。シールは400円前後で購入できます。

その他の補修

襖は襖紙以外にも修繕できる箇所があります。

引手・縁を交換

引手に釘が使われているものは交換可能です。まず、釘の横の引手部分を押します。すると、釘の頭が出てきます。これをペンチで抜きましょう。釘を抜くことで簡単に引手を取り外すことができます。取り外したあとは、新しい引手をはめ込み、釘を打ち込んで完成です。木製の引手は割ってしまわないように注意しましょう。引手にもサイズがあるので、サイズを確認してから新しいものを用意してください。縁は、古いものを取り外したあとに新しいものをつけるだけで簡単に交換できます。この時気を付けるのは、縁をとりつける順番です。外すときは、左右の縁から外しますが、取り付けるときは上下の縁から行います。ダンボール襖は引手や縁を接着してある場合がほとんどなので交換は難しいでしょう。

敷居すべりシールを交換

まず、襖を外して敷居にたまっているゴミを掃除します。この時、乾いた雑巾を使いましょう。次に古い敷居滑りをはがしていきます。ドライヤーで敷居の端を温め、へらなどを使ってとっていきます。この時、木の部分が剥げてしまわないように注意しながら、ゆっくりはがしていきましょう。また、古い粘着剤が一部取れなかったとしても、無理にはがさずに上から新しいものを貼りましょう。無理にとろうとすると敷居すべりが傷つく可能性があります。実際に貼るときは、両端から3mm程度離してテープをピンと張った状態で貼っていきます。強く圧着しながら貼りましょう。緩めてしまうと、後からテープが浮き上がってしまいます。

引手の汚れを落とす

水拭きをすると引手の周りの襖紙にシミができてしまう可能性があるので、乾拭きにしてください。軽い手垢などであれば消しゴムでこすって落とすこともできるでしょう。

業者に張り替えを依頼する方法もある

DIYよりもお値段はかかりますが、専門業者に張り替えを依頼することもできます。一般的には、片面の張り替えで3,000~5,000円。両面の張り替えでは5,000~10,000円ほどかかります。張り替えたいけど自分では難しいという場合は専門業者にお願いするのが安心です。

まとめ

襖に使われている素材の特性上、どんなにきれいに襖を使っていても経年により多少の色あせや破れなど劣化が出てきてしまいますので、襖紙の張り替えを行いましょう。襖の張り替えは体力とコツがいりますが、DIYが好きという方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか?自分で張り替えは難しい場合は、リフォーム会社や専門業者に依頼することも検討してみてください。
タタミズキ

『畳・襖・障子の専門店タタミズキ』はこちら

  • 網戸
  • 暮らし
  • 障子
  • 全国の畳店