障子を活用して和と調和したおしゃれな住空間をつくる

障子を活用して和と調和したおしゃれな住空間をつくる

障子を活用して和と調和したおしゃれな住空間をつくる
日本建築において障子は欠かせないアイテムです。昨今ではモダンな建築が増えたため、長い間親しまれてきた障子も見かけなくなってきています。古いイメージを持たれがちな障子ですが、近年「おしゃれなインテリア」として活用する人が増えてきています。和の印象が強い障子ですが、アレンジすれば北欧やヴィンテージスタイルにもマッチする万能アイテムです。当記事ではおしゃれな障子の活用方法を伝えします。障子を活用した空間演出にぜひお役立てください。

障子を使うメリット

日本建築において障子は欠かせないアイテムです。昨今ではモダンな建築が増えたため、長い間親しまれてきた障子も見かけなくなってきています。古いイメージを持たれがちな障子ですが、近年「おしゃれなインテリア」として活用する人が増えてきています。 和の印象が強い障子ですが、アレンジすれば北欧やヴィンテージスタイルにもマッチする万能アイテムです。当記事ではおしゃれな障子の活用方法をお伝えします。障子を活用した空間演出にぜひお役立てください。障子には和のテイストをプラスするだけでなく、機能面でも様々なメリットがあります。障子のメリットは次の通りです。
  • 室内に入る光をやわらかくする
  • 冷暖房の効率アップ
  • ローコスト
  • 開け閉めのしやすさ
窓と室内の間に障子があると、陽の光がやさしく室内に入ります。障子はカーテンよりもほどよく均等に光をさえぎってくれるので展示会などでも用いられます。また、外気をさえぎる効果も期待できます。窓と障子の間に空間ができることで、外の冷気や熱気の影響を受けずに暮らせるでしょう。紙とわずかな木材でできた障子は内装インテリアとしては非常にローコストな点もポイントです。コツさえ覚えれば自分で簡単に張り替えることもできます。紙でできているため非常に軽く、開け閉めしやすいのも嬉しいポイント。カーテンのように風になびくこともないので、換気のために少し開けておくのにも便利です。

障子をつかったおしゃれなスタイル3選

便利な障子をおしゃれに活用する方法を3つに分けてご紹介します。まずは、そのままの障子をインテリアとして生かす方法です。次に、あえて障子紙をつけず、枠をインテリアとして活用する方法を解説します。枠だけでも効果的な空間演出ができますよ。最後に、障子紙以外のものを貼って新しいインテリアとして活用する方法をご紹介します。あなたのお部屋にぴったりの障子の生かし方を見つけてください。

古き良き時代の香りが残る障子のあるお部屋

障子は平安時代後期から親しまれてきたもの。あの平清盛にも障子をつかったエピソードが残っています。古民家タイプのお部屋なら、障子をそのまま生かしたお部屋にしましょう。障子のよさを生かしながら、おしゃれに仕上げるなら「和モダンテイスト」がおすすめです。和モダンテイストとは、昔ながらの和と近代的なモダンを合わせたインテリアのテイストです。スタイリッシュでありながら、日本人にとって最もくつろげる落ち着いた空間が実現します。障子が映える和モダンテイストのお部屋にするなら、和室にあえて「モダンテイスト」のインテリアを合わせてみましょう。モダンテイストのインテリアとは、都会的で洗練された印象のインテリアです。素材はガラス、スチールなどの硬質なものを選び、デザインはスタイリッシュでシンプルなものを選びます。色はモノトーンを中心に落ち着いた配色にしましょう。モダンテイストのアイテムとしては次のようなものがあります。
  • ガラスのテーブル
  • レザーのソファ
  • スチールラック
このような近代的でスタイリッシュな印象のインテリアがおすすめです。
障子が浮いてしまったらペイントもおすすめ
「暗い色のモダンインテリアを配置したら、明るい色の障子枠が浮いてしまった!」そんな時は障子枠に色を塗るのもおすすめです。塗料をつかって黒に近い色にすれば和モダンに馴染む障子が完成します。障子枠の色を生かしたい場合は、ナチュラルモダンのインテリアを選ぶと障子が映えるおしゃれなお部屋に仕上がります。
お庭のある和室で障子を生かすなら雪見障子がおすすめ
雪見障子とは、障子の一部をガラスにして外の景色が見えるようにしたもの。庭との一体感が生まれ、開放的な雰囲気が楽しめます。室内からでも外の様子がわかるので、お庭がそのままインテリアのようになりますよ。

敢えて障子紙を貼らないコーディネートもおすすめ

古さを感じさせずにおしゃれなインテリアとして障子を使いたい場合は、あえて障子紙を貼らずに木枠をそのままつかいましょう。紙がないことで、どんなテイストにも合うオシャレな間仕切りとして障子を活用できます。枠だけなら「北欧」「ヴィンテージ」「ナチュラル」といったテイストにも馴染むアイテムになるのです。障子の木枠をお部屋のアクセントとして生かすなら、次の方法がおすすめです。
  • ドライフラワーなどを吊るしてディスプレイにする
  • 細い枠に板をつけ、小物の飾り棚にする
  • 枠にペイントし、空間演出につかう
障子紙を貼っていない障子枠は、モノを吊るすディスプレイとして使用できます。ドライフラワーなどのおしゃれなアイテムを吊るせば、ワンランク上のお部屋に仕上がるでしょう。障子の細い枠はそのままだと飾り棚として使うのには不便ですが、板をつけるだけで飾り棚に変身します。ぬいぐるみや小さな観葉植物などを飾れば、あなただけのお気に入りの空間を演出できますよ。
枠に色をつければアートのように好みの空間を演出することも可能
壁紙に色をつかって空間を演出する家が増えていますが、障子でも同じ効果が期待できます。演出したい効果に合わせて、木枠に色を塗ってみましょう。色がもたらす心理効果は次の表を参考にしてください。
  • グリーン:安らぎを与える色、リラックス効果
  • ブルー:心を落ち着かせ集中力を高める
  • ホワイト:清潔でフレッシュな印象
障子のある部屋でどんな時間をすごしたいかイメージしながら、好きな色にペイントしてください。

障子紙を別の素材に変えて貼ったスタイル

障子に貼ることができるのは紙だけではありません。次のような異素材を貼って障子を楽しむ人が増えています。
  • 色や柄のついた紙
  • 好みのテイストの布やレース
  • シート状のガラスフィルム
異素材を貼るときの一番のポイントは木枠の汚れをよく落とすことです。前に貼った時のノリが残った状態だと剥がれの原因になります。ホコリなどの汚れが付着していると上手く接着できないので木枠をよく洗ってしっかり乾かす工程を怠らないようにしましょう。気軽に楽しむなら障子紙にシールやステッカーを貼るだけでもアクセントになりますよ。具体的な方法をご紹介します。
色や柄のついた紙
白い和紙ではなく色や柄のある紙を貼る方法です。木枠にしっかり糊付けすれば多少厚みのある紙でも貼りつけることができます。枠ごとに違う紙を貼るのもおすすめです。色や柄があると光が入る日中と夜で違った雰囲気を楽しむこともできます。
好みのテイストの布やレース
紙の代わりに布やレースを貼ってみましょう。お部屋に取り入れたいテイストの柄を選ぶのがおすすめです。たとえば「北欧柄」のかわいい布を貼れば北欧テイストのお部屋に仕上げることができます。アンティークレースを貼れば、アンティーク家具が映えるおしゃれなお部屋になります。どんなテイストのお部屋にしたいか考えて、布やレースを選んでください。
シート状のガラスフィルム
ガラスの保護やリメイクを目的としたシート状の「ガラスフィルム」が販売されています。これをそのまま障子枠に貼るとステンドグラスのような仕上がりになりキレイです。 光が入った時と、暗い時間外で別の表情を楽しむことができますよ。糊がつきにくいので両面テープで貼るのがおすすめです。障子専用の両面テープを活用すればフィルムもしっかり接着することができます。

まとめ

おしゃれな障子の活用方法をご紹介しました。障子は「古いイメージ」をもたれがちなインテリアですが、活用方法がたくさんあります。障子は使い方次第で「おしゃれな空間を演出する」ことが可能です。やさしい光を室内に取り込んでくれる障子は機能面でもデザイン面でもすぐれたインテリア。ぜひオリジナルの楽しみ方で障子を生活に取り入れてみてください。
タタミズキ

『畳・襖・障子の専門店タタミズキ』はこちら

  • 網戸
  • 暮らし
  • 障子
  • 全国の畳店